読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作業机から

イラスト・マンガ・絵本など『絵』で表現できることやってます

桔梗屋工場見学| 桔梗信玄餅のイラスト

f:id:j50:20160926040214j:plain

こんにちは。

 

今日は蒸し暑いです。 

最近はずっと雨や曇りの天気でしたが、日曜くらいから少し晴れ間が出て雨ではないのでうれしいですね。

 

今回は昨日に続き山梨の事を書こうと思います。山梨(甲府市)にいる間に桔梗屋の工場見学にも行きました。

 
f:id:j50:20160927163016j:image

 

山梨のお土産と言えば『信玄餅をイメージする人も多いと思います。

僕もその一人でお土産でもらうと嬉しいですよね!( 地元の人はいつもあたりまえにあるのでそれほど食べないのでしょうか?)

 

 

桔梗屋の工場は一宮(いちみや)と言う場所にあり、甲府から車で30~40分くらいの所にあります。

最近はテレビで信玄餅のつめ放題を放送したこともあり、バスが何台もあってツアーの人たちもいました。

 

車で走っていてたまたま近くを通って思いたって寄ったのですが、目玉の信玄餅のつめ放題はすでに予約できずに、工場の見学をしました。

 

ちなみにこのつめ放題はかなり早く並ばないとできないらしいです!(朝の7時半くらいから並んでいる時もあるとか。。。)

 

値段は 220円!!

(通常売られている金額は1個が160円なのでかなりお得です!)

 

僕が見ていて袋に20個以上入れている強者もいたのでぜひチャレンジしてみたかったです。

 

 

 



f:id:j50:20160927163120j:image
中にはこんな感じで工場の案内図もあります。

 

 

工場は意外に流れ作業あったりで今まで見ている工場よりかなり手作業の行程が多いです。(最近の工場はわりとオートメーション化が進み機械を管理している人がいて機械が作っている感じがします。)

 

 

先に進んで驚いたのは。。。

 

 

 

 

 

 

信玄餅の包装は手作業でした!!!

 

 

驚く事にビニールの包装に入っている信玄餅はなんと全部工場の人の手作業で包装されていました!!

 
f:id:j50:20160927163941j:image

 

これはさすがに機械で縛っていると思ったのですが、ビックリでした( ゜o゜)

 

「桔梗信玄餅」は昭和43年に甲府市で誕生して、創業当時からの包装の手作業にこだわってるようです!

 

 

これから信玄餅を食べるときは大事に包みの袋を開けたいと思います!!

 

 

それから工場にはお土産やご飯も食べるところあったり、神社もあったり、さらに工場の社食がお弁当として売られていたりしました。

 


f:id:j50:20160927170733j:image

カントリーマームの信玄餅バージョン!

 

山梨に来たときにはぜひドライブで立ち寄っても面白い場所です!

 

 

信玄餅のつめ放題は早めに行って下さい!!!!!