読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作業机から

イラスト・マンガ・絵本など『絵』で表現できることやってます

植芝盛平さんのイラスト

アナログ イラスト

f:id:j50:20160728234837j:plain

こんばんは。

先週から本業の仕事もハイペースではなかなか更新出来ませんでした。
 
ようやく関東も梅雨明けしたみたいです。
(でも空を見るとまだどんよりですよね)
 
 
 
 
合気道イラストをもう一度描こうと思って合気道の事を調べていたら
合気道の開祖植芝盛平(うえしば もりへい)さんがものすごく魅力的だったので紹介します!
 
何がスゴいと言うと、武勇伝すべてがスゴいです!!
 
 
その中の武勇伝を紹介します。
 
 
 
55歳のときに元大相撲力士を投げる!
 
植芝さんの演武会があって技があまりにも綺麗すぎて、ヤラセではとの声が沸き上がるなか元大相撲力士の天竜さんと言う人がが会場に上がってきました。
 
このとき天竜さん34歳で身長187センチ体重116キロ(現役の時の身長体重です)
 
植芝さんは55歳で身長156体重75キロ(二十歳の時の記録です)
 
植芝さんは力の弱い左腕を出すと「あんたは力も強いだろう。力も何も入れないから何をしてもいい。やってご覧なさい」と言いい
 
天竜さんがムッとしながら手をつかむとその腕はまるで鉄棒のように固く、これはいかん!
と思った時には既に負けてしまい、このまま下がるわけには行かないと思って両手でネジ上げようとしたら、そのままドーンとひっくり返されと言う話で、その後天竜さんは植芝さんに弟子入りしたと言うことです。
 
強すぎる!
 
 
その他、30人くらいの人たちが待ち伏せ襲撃をして来て、ねじ伏せる話や、
飛んでくる銃の弾丸をかわしたりとすごい話が満載です。
 
かなり武勇伝があって本当なのかと思ってしまいますが、これだけの話が
あるってことはおそらく相当強かったのだと思います。
 
興味持った方は是非植芝盛平さんを検索してみてください。
武勇伝や動画など出てくるので合気道の興味がわきますよ。
 
 
 
昔の人の人生の濃さには本当に驚くものがあります。
ものすごくタフで人生の落差がかなりあってもいろいろな場所に行きながら人生を送っている姿は、本当に関心するし感動します。