読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作業机から

イラスト・マンガ・絵本など『絵』で表現できることやってます

黒板にペンキでイラスト


f:id:j50:20160526175739j:image



こんばんは。
 
黒板にペンキでイラストを描きました。
 
昨日の話の続きになってしまいますが、エコプロダクツ展の時には黒板にペンキでイラストも描きました。
 
 
普段はB4やA4での絵を描くと事が多いので、写真の黒板のように大きなものに描いたことなく、初めての経験でした。
 
 
慣れてないものをあげると
 
○黒板に描く事
○ペンキを使うこと
○大きなサイズのイラスト
 
 
黒板に描くのはチョークならやった事がありますが(学生の時なら誰でも黒板に描いたことがあると思います)下書きをして描くのはさすがに初めてのでした。
しかも鉛筆の下書はできないとの事でチョークで下書することになりました。
 
もちろんチョークなので細かい描きこみは難しかったです。
描いてても手で擦って消えることもしばしば。。。
 
次はペンキです。
ペンキと言うとDIYで本箱作って塗っているイメージくらいしかありません。
薄めると言うことも知らずにペンキで描けるのかと言う感じでした。
 
 
そして大きなサイズです。
大画面のイラスト、描いたサイズは160センチ×160~180センチくらいだったと思います。(これを4枚描きました)
全体がつかめないのでいろいろ考えてプロジェクターで黒板に投影させてその上をチョークで下書していく作業でした。
 
 
作業していくと・・・
(ちなみに作業している場所は看板屋さんの倉庫です)

f:id:j50:20160526202918j:image
 
 
 
すぐに気づいた事がありましました!
 
重い!!!!!
 
黒板移動させるのが大変だったのです!
予想外の難関でしたが、周りの人に黒板の移動手伝ってもらって
何とかできました。
 
 

f:id:j50:20160526214825j:image
 プロジェクターで投影して下書です。
 

f:id:j50:20160526214932j:image
実物の下書も準備して下書きもしました。


そしていよいよペンキで描いていくのですが
まったく使ったことのないペンキで修正出来ないのは緊張感ありました。
ペンキも薄め液使うとかなり描きやすくて
思っていたより扱い安かったです!
 


作業終わるとこんな感じになりました!!
f:id:j50:20160526175707j:image

f:id:j50:20160526215522j:image
f:id:j50:20160526175603j:image
レタリングは時間がかかって難しい作業でした。
(自作のステンシルみたいなものを作って描いてみました)
 

f:id:j50:20160526215638j:image


黒板のペンキイラストは初めての作業で勉強になりました。
事前に準備することの大切さや、期日があるので作業工程を書いたり
仕事内容を報告することで自分のペースがわかったりと、次にいかせて
勉強になることがたくさんありました。
 
 
 
看板屋さんの倉庫で描き、使ったことのないペンキでイラストを描き、
なかなか会うことのできない職人さんたちとご飯食べたり話したり。。。
いつもの仕事でも経験できない事をたくさんできて感謝です!
 
 
 
 

f:id:j50:20160526215913j:image







仕事も募集しているので気になったらいつでも連絡してください。